子供3人使った口コミ!ストッケトリップトラップのベビーセットはいつからいつまで使う?

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット

こんにちは!ストッケ大好き神楽坂マチコ( @kagurazaka_machiko )です。

 

悩む女性
ベビーセット
検討中のママ

・トリップトラップのベビーセットって、いつからいつまで使うの?

・そもそもベビーセットって必要なかなぁ?

 

そんな疑問を抱えているママさんにお届けします!

 

 この記事の内容

  • ベビーセットは、いつからいつまで使えばいいか
  • トリップトラップにベビーセットが必要な理由
  • ベビーセットのメリット・デメリット

 

神楽坂マチコ
マチコ

この記事を書いている私は6歳・4歳・1歳9ヶ月の子供がいる3児のママです。

ストッケのトリップトラップを3台所有しており使用歴6年。

3人とも生後6ヶ月の離乳食時からベビーセットを使っています^^

 

さっそく結論!

トリップトラップのベビーセットは、いつからいつまで使うのかというと

 いつから
  • 生後6ヶ月頃から
 いつまで
  • 2歳頃まで

 

そして、子供3人が使った経験からベビーセットは「あった方がいい」ではなく「必要」です!

 

というわけで今回は、ストッケトリップトラップのベビーセットについて3児のママが口コミします!

 

トリップトラップのベビーセットは、いつから?

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット
ストッケトリップトラップ ベビーセット

いつから使えるかというと「生後6ヶ月頃から」です。

ストッケ公式サイトにも「お子さまが1人座りできるようになるころ(6〜9ヶ月)から」と記載されています。

 

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット

実際、3人の子供たちも離乳食を始めた生後6ヶ月くらいから使い始めました。

 

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット

この時期は子供の身体が安定しませんし、トリップトラップから落下する危険もあるのでベビーセットは必須です。

 

神楽坂マチコ
マチコ
ベビーセットのようなガードがあることで、親はもちろん子供も安心して食事ができます。

 

ベビーセットを考えている方は、こちらの離乳食セットをもらっておくと便利ですよ。

数量限定なのでもらっておかないと損です↓

» こどもちゃれんじ「ファミリア離乳食セット」全員プレゼント

 

トリップトラップのベビーセットは、いつまで?

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット
STOKKE Tripp Trapp ベビーセット

いつまで使うかというと私の経験上「2歳頃まで」です。

ただ、ストッケ公式サイトには「3歳頃まで使うことができる」と記載されています。

 

では、なぜ「2歳頃まで」かというと

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット

上の写真は息子が2歳前くらいです。

もうこの頃から、ベビーセットを嫌がり出しました…。

 

神楽坂マチコ
マチコ
子供たち3人とも2歳になる頃にはベビーセットを外してしまいました。

 

ストッケトリップトラップ ベビーセット

ストッケ公式サイトも「3歳頃まで使うことができる」と書かれているだけで「3歳まで使ってください」とは書いていません。

なので、いつまで使うかというと「2歳頃まで」だと感じています。

 

あらためて、トリップトラップのベビーセットは、いつからいつまで使うのかというと

 いつから
  • 生後6ヶ月頃から
 いつまで
  • 2歳頃まで

お子さんによって変わってきますので参考まで。

 

ベビーセットは必要?いらない?

ベビーセットが必要か、いらないかの結論としては、

トリップトラップ購入時の子供の年齢次第

ということです。

子供3人が実際に使った経験をもとに、表にするとこんな感じ。

《子供の年齢》 《必要可否》
6ヶ月〜2歳前の場合 必要
2歳以上の場合 必要なし

 

赤ちゃん・幼児には必要

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット
落下の危険を防ぐ安全面はもちろんですが、赤ちゃんの頃から同じ目線で食事をする意味でもベビーセットは必要です。

 

神楽坂マチコ
マチコ
離乳食時期から赤ちゃんと食卓を囲めるのは幸せですよ^^

 

2歳過ぎたらいらない

前述した通り、2歳くらいになるとベビーセットのようなガードを嫌がり始めます。

身体も大きくなり始めて、窮屈なんでしょうね。

 

神楽坂マチコ
マチコ
なので、2歳以上の場合はベビーセットは必要ないと考えます。

 

お子さんによりますので参考まで。

 

ただ、

小さいお子さんがいる場合には、ベビーセットがあった方が絶対便利ですよ♪

 

 

トリップトラップ ベビーセットのメリット・デメリット

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット

子供たち3人にベビーセットを使ってみて感じたメリット・デメリットを口コミします。

 

メリット

ベビーセットのメリット

  • ガードの穴には、片方の足しか入らないようになっているので安全
  • 離乳食時期から赤ちゃんと食卓を囲める
  • 水洗いOKなので清潔に使える
  • 新たに子供ができたら使い回すことができる

ベビーセットは、赤ちゃんが落ちないように設計されているので安心安全です。

 

デメリット

ベビーセットのデメリット

  • 対応するダイニングテーブルの高さは72~76cm(ほとんどのテーブルはこの高さ)
  • トリップトラップの「座るところの板」の汚れが拭きづらい
  • ベビーセットのガードと赤ちゃんお腹部分に間が空きますのでエプロンが必要

稀に60cm台の低いテーブルを使っている場合は、ベビーセットを付けた赤ちゃんがテーブルより高くなってしまいます。

 

神楽坂マチコ
マチコ
ほとんどのお家にあるダイニングテーブルは大丈夫だと思いますが、ベビーセットを購入する方は念のため確認した方がいいと思います。

 

 

トリップトラップ ベビーセット以外のアクセサリー

トリップトラップには、ベビーセット以外にも様々なアクセサリーが用意されています。

自分の子供の月齢・性格・体格にあったアクセサリーパーツを選ぶことが大切です。

 

神楽坂マチコ
マチコ
ストッケの製品は洗練されたデザインなので、ついつい揃えたくなってしまいます。

 

ニューボーンセット

STOKKE Tripp Trapp ニューボーンセット

新生児から6ヵ月ごろまで使える「ニューボーンセット」。

トリップトラップに取り付けることにより、生まれて間もない赤ちゃんも一緒に食卓を囲うことができます。

 

 

 

ストッケトレイ

STOKKE Tripp Trapp トレイ

ベビーセットに取り付けて使う「トレイ」です。

 

神楽坂マチコ
マチコ
離乳食が終わって、自分で食べ始める頃になると、とにかく汚しますので、トレイがあると便利ですよね。

 

食べ散らかして、トリップトラップが汚れてしまうのも防ぐことができます。

 

クラシッククッション&ハーネス

STOKKE Tripp Trapp ベビーセット

トリップトラップに取り付けできるクッションです。

ハーネスは、トリップトラップにつけるベルト状のもので、子供が落下しないよう安全に座るためのアクセサリーです。

動きが激しいお子さんや、食事に集中できないお子さんにおすすめです。

 

 

 

ストッケトリップトラップのベビーセット まとめ

今回は「子供3人使った口コミ!ストッケトリップトラップのベビーセットはいつからいつまで使う?」について書きました。

断乳して離乳食が始まると、なかなか食べてくれなかったり、すぐグズって泣き出したり…生後6ヶ月を過ぎると、いろいろと苦労が増えるものです。

ベビーセットを使うことで、その苦労が少し和らいでげることができると思います。

 

神楽坂マチコ
マチコ
子供に振り回されながらも試行錯誤してお世話できることは、幸せなことなんですけどね。

 

もし1歳前後のお子さんをお持ちの方は、ベビーセットを使うことをおすすめします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!神楽坂マチコ( @kagurazaka_machiko )でした♪

 

あわせて読みたい

こんにちは!ストッケ大好き神楽坂マチコ( @kagurazaka_machiko )です。   ・洗いたいけどベビーセットの付け方 or 外し方どうやるんだっけ? ・2人目が生まれて久しぶり[…]

ストッケトリップトラップのベビーセット付け方・外し方
あわせて読みたい

こんにちは!ストッケ大好き神楽坂マチコ( @kagurazaka_machiko )です。   ストッケの色で 悩むママ ・トリップトラップの人気の色は? ・どうやって色選びをすればいいんだ[…]

STOKKE Tripp Trapp 色
あわせて読みたい

こんにちは!ストッケ大好き神楽坂マチコ( @kagurazaka_machiko )です。   ストッケ 検討中のママ ・トリップトラップ欲しいけど高いなぁ… ・長年使ってる人の正直な口コミ[…]

STOKKE Tripp Trapp 口コミ
あわせて読みたい

こんにちは!ストッケ大好き、神楽坂マチコ( @kagurazaka_machiko )です。   不安な女性 ストッケのトリップトラップは欲しいけど、組み立てるのが難しかったらどうしよう…  […]

Tripp Trapp 組み立て